*

100均(ダイソー)で外反母趾対策

ダイソーで見つけた足の親指保護パッド

ダイソーで外反母趾対策に使えそうなものを発見!

 

以下、私の生活環境、私の足の状態における私の感想です。

 

ぷにょぷにょのジェル製なので、歩いても足親指から外れません。

第一趾(足の親指)と第二趾(足の人差し指)の付け根の間に挟むのが通常のようですが、第一趾と第二趾のつま先の間に挟んで歩いても外れず、自分好みの部分に挟んで歩き回れます(裸足で家の中にいる時)。

外出時は、靴の幅サイズがゆったりしていれば親指保護パッドを装着しても窮屈感や特別な違和感はなく、靴下を履いた靴の中で親指保護パッドがズレてくることもありませんでした。

 

こんなジェル製の親指保護パッド。製品としては母趾球の衝撃や摩擦の緩和目的に作られているのでしょうが、私としては骨まで変形していると思われる自分の外反母趾の矯正用に使ってみたところ、とても使い勝手が良く、重宝しております。

30年ほど第一趾(足の親指)が屈曲したままですが、外反母趾を診てもらいに医療機関に行ったことがなくレントゲン写真が無いので、より正確に骨の状態を見ることができておらず「変形していると思われる」と表現させてもらいました。

関節部分の形状が関係してくる30年ほど放置のこの外反母趾において、変形してしまった骨の形を変形する前と全く同じ形に矯正するのは無理だと思っております。

(足の親指に大きく関わる筋肉の緊張によって足の親指が屈曲しているだけの外反母趾なら、足の親指の屈曲に関わりが大きい筋肉の緊張をとるだけで効果があるのでしょうが)

しかし、歩くとき、足の親指で蹴り出せる程度にまでは矯正できたらいいなあ~と思っております。

足の親指で蹴り出したいのですが、今の私の足だと親指ではなく ほぼほぼ母趾球で蹴り出しています。

独学で得た知識を駆使して、足の親指で蹴り出せるよう外反母趾の改善に挑戦してみたいと思います。

足の親指を矯正するよりも他の指の変形を招きそうだったり、身体のどこかしらかの筋肉の緊張を酷くしそうだったり、血流を考慮してのテーピングであっても長期の継続により血流不足が顕在化してきたり、摩擦により皮膚がズルむけたりなどしたら中止します。

できるだけそうならないよう調整しながら外反母趾改善矯正を試みたいと思っております。

今のところ、100均の親指保護パッドとテープを使用する予定です。

それ以外に100均(ダイソー)で見つけた「足ゆびパッド ジェルタイプ」(下記写真)もちょくちょく使うことになると思います。

 

100均って、ほんと、アイディアツールが格安で手に入る宝庫ですね♪

保護パッドは、親指版の他に小指版がありました。

 

私は医療の国家資格保持者ではないので自分の外反母趾矯正に成功してもお客様に指南することはできませんのであしからず。

 

100均で良いもの見つけた報告でした♪

 

 

関連記事

陰陽五行説 怒・喜・思・悲・恐

中学生の頃から腰の調子がよろしくなく、大人になってからは、数回程度ですが、ぎっくり腰をしたりと、ちょ

記事を読む

痛みのブロック

人間の体は、解明されていないことがいっぱいですよね。 ある一つの症状をとっても、原因(原因にな

記事を読む

経絡小顔マッサージと頭痛

経絡小顔マッサージをアレンジ。頭痛に効く~! 今日は、昼ごろからずーっと頭痛がしています。

記事を読む

脊髄神経と陰陽五行説

背骨に沿って走っている脳から出ている脊髄神経。 脊髄神経から出ている神経の枝。 その枝の

記事を読む

ツボの起源

一般的に、ツボは、痛いところや違和感のあるところに自然に手がいって、ふれていうるうちに症状が緩和され

記事を読む

足・手の指先と経脈 気の流れ

よく知られている12経脈から枝分かれした気の流れがあったりと気の流れは複雑ですが、経絡マッサージの先

記事を読む

施術前の自己調整

人間をエネルギー体と考えるなら、 施術中のエネルギーの流れを考えますと、 施術者のエネル

記事を読む

鍼のためのツボ(経穴)を利用した経絡マッサージ

ツボの発見 一般的に、ツボは、痛い所や違和感のあるところに自然に手がいって、触れているうちに症状が

記事を読む

肩コリが楽になるツボ

経絡マッサージを習っていた時のお話です。 学院長の知恵が練りこまれた基本施術の手順に、肩コリに

記事を読む

腹式呼吸でリンパ液の流れを良くする

リンパ管にリンパ液となるものが流れ込むのを促進したり、リンパ管に流れ込んでリンパ液となったものの流れ

記事を読む

  • 当サイト運営者のリラクゼーションサロン
    パソコンからは こちら
    スマートフォンからは こちら
    携帯電話(ガラケー)からは こちら

  • ブログ筆者:リラクゼーションサロン店主 兼 リラクゼーション師

PAGE TOP ↑