*

陰陽五行説 怒・喜・思・悲・恐

中学生の頃から腰の調子がよろしくなく、大人になってからは、数回程度ですが、ぎっくり腰をしたりと、ちょっとした負担で、腰が痛くなる状態でした。

腰痛も、腰に負担をかけるようなことをしなければ、自然と痛くなくなるのですが、耐性は良くはありませんでした。(この程度の負担で痛くなるの???って感じでした)

しかしながら、年齢をかさね、腰に負担をかけないように生活していると、

「あれ!? 私、腰痛持ちだっけ???」という状態まで回復しました。

ところがです。

とても とても 怒り を覚えるようなことがありました。

数ヶ月かけて徐々に怒りが増していき、怒りが頂点に達するようなことがありました。

腰痛は無く、普通に寝て、普通の睡眠時間をとって目覚めたある朝

腰に力が入らず、起きられない!!

うつ伏せになって起きようと、横になろうとするも、それすらできず、

力が入らないやら、痛いやら(TT)

腰痛になるようなこと、何かしたっけ???

→思い当たりません。

1時間程、身動き取れないまま、どうしたもんだと思案していたところ、

過去に聞いた話の中で、頭に浮かんだことが、『怒りは、腰』。

「怒・喜・思・悲・恐」と各感情は、体の特定の場所と関係していて、各感情ごとに不調が現れる体の部位があると聞いたことがありました。

聞いた時は、

感情をどうやってビシッと区分けできるの?

感情を確実に5つの内のこれと断定できるの?

と思い、そういうことを考えた人がいるのね~とだけで受け流してました。

「まさか」と思いつつ、怒るのを止めてみると、

数分もしないうちに、痛みがやわらぎ、腰に力が入るようになり、体を動かせました。

このまま起きれそうと感じるまでに。

「そんな ばかな」

と、試しに、怒りの状態に戻ってみると、

あれあれ???また体を動かせないくらい痛くなり、腰に力も入りません(TT)

「そんな ばかなあ~~~???」

と、また怒るのを止めてみると、数分もしないうちに、痛みもやわらぎ、力もはいるのです。

「気のせい???」

と、また試しに怒りの状態に戻ってみると、

「痛い~!!」「動けない~!!」

いやいや こんなことして遊んでいる場合ではありません。

起きなきゃ です。

怒るのを止めて、結構普通に起きて、顔を洗いに行ったという過去があります。

おそるべし 中医学。

 

※ 随分昔の話で、時間的なことは、感覚的にしか覚えておりません。

 

女性専用リラクゼーションサロン
東京23区、埼玉県川口市・蕨市・戸田市

関連記事

足・手の指先と経脈 気の流れ

よく知られている12経脈から枝分かれした気の流れがあったりと気の流れは複雑ですが、経絡マッサージの先

記事を読む

痛みのブロック

人間の体は、解明されていないことがいっぱいですよね。 ある一つの症状をとっても、原因(原因にな

記事を読む

毛細血管とアンチエイジング

最近では、何かにつけ血流が注目されてきました。 放送日の3ヶ月ほど前の「毛細血管を見る機械」の

記事を読む

ツボの起源

一般的に、ツボは、痛いところや違和感のあるところに自然に手がいって、ふれていうるうちに症状が緩和され

記事を読む

施術前の自己調整

人間をエネルギー体と考えるなら、 施術中のエネルギーの流れを考えますと、 施術者のエネル

記事を読む

ヨガと筋肉の痛みの塩梅

ヨガのポーズは、初め、なかなかキツイものです。 一応、理想の形というものがあるので、何も知らな

記事を読む

脊髄神経と陰陽五行説

背骨に沿って走っている脳から出ている脊髄神経。 脊髄神経から出ている神経の枝。 その枝の

記事を読む

効果の比較って難しい

基礎化粧品や口臭ケア、サプリ、マッサージ等々の効果の比較って、難しいですよね。 自分では効果あ

記事を読む

腹式呼吸で体質改善

腹式呼吸を軽視していませんか 「あたりまえ」と思い過ぎているためか、腹式呼吸をスルーしていませんで

記事を読む

「寝過ぎ」と「筋肉痛」と「寝具」

筋肉痛の原因のひとつに、血行が悪くなっているから というのがあります。 私の場合、寝過ぎると身

記事を読む

  • 当サイト運営者のリラクゼーションサロン
    パソコンからは こちら
    スマートフォンからは こちら
    携帯電話(ガラケー)からは こちら

  • ブログ筆者: ちば
    リラクゼーションサロン店主 兼 リラクゼーション師

PAGE TOP ↑